« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

数珠玉 & 栗

病院に歩いて行く途中、数珠玉が薮のような所にひっそりと生えていました。

昔はお手玉の中身は、ジュズ玉と決まっていたような・・・・何処にでも生えていましたものね。

田舎に住んでいますが、今は殆ど見ることが無くなりました。

Jyuzu

帰りに少しだけ摘んで帰りました。

すれ違った見知らぬかたが、ニコニコと挨拶なさったのは・・・・・



もしかして・・・手に持っていたジュズ玉のせいかしら・・・・・?



Kuri2_2

栗を頂いたのでお礼に描きました。

アンテナのようでもあり、ダイナマイトの導火線のようでもあり・・・

先っぽが可愛くて好きです。

修学旅行のおみやげ

延期になっていた中学の修学旅行が実施され

京都・奈良・大阪に行った中三の孫が、お土産を買ってきてくれました。






まあ賑やかなお礼状ですが

私が書いたのは、真ん中の金閣寺のストラップと、言葉だけです。

黒いハガキに描きました。

Img_0456_2








なぜ旅行が延期になったかと言うと、5月の出発の10日前ごろ学校に脅迫状が舞い込んだからです。

「修学旅行を中止しなければ生徒に危害を加える」という内容でした。



数日で犯人は捕まったのですが、旅行は延期になっていたのです。

京都といえば、この度の台風の水害が酷かったのですが

2日前に全日程を終えて京都から帰っておりましたので、ほっとしました。







私がパソコンを初めて間もないころの写真です。

中三の孫もこんなに小さかったのよ。

橋の向こうに見えるのが小学校。この川も台風で氾濫したことがあるんですよ。

15622







私が元気になれる曲です。竹内まりや = 不思議なピーチパイ

http://www.youtube.com/watch?v=tiC9kd5EsJw

露草 & 「お・も・て・な・し」

朝 露草を見ると、描きたいと思って摘みます。

昼になると萎んでしまいます。

次の朝も描きたいと思って摘みます。


いつまで経っても、描けません。


やっと描けました。テーブルの上には、萎んだ露草が10本(>_<)

Tuyukusa2_2









滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」

インパクトありましたね。

Omotenasi2_2
おもてなしと言えば

NHKの朝のドラマの「どんど晴れ」(何年も前のことです)

これも「あまちゃん」と同じ岩手のお話でしたね。

宮本信子さんが出ていました。

旅館が舞台で、おもてなしの心を大切にしていたと

思います。

オリンピックがやってくる。& ほおずき

今朝は早く目が覚めたので、テレビをつけたら決定した直後でした。

太田選手は号泣でしたね。

これで日本の経済、福島問題などが良くなってくれるといいですね。

Orinpikku3_2










友達の家に行って、ホオズキを習ってきました。

網目のところは蚊帳です。

Img_0376

絵手紙の講習会に行ってきました。

テーマは「人物をかこう」です。



教えてくださるのは、浅倉須眞子先生です。

山口まで飛行機でいらっしゃいました。

Hito32

最初は立ち姿を

5分で鉛筆で輪郭を描きます。

私たち描く者には短い時間ですが、モデルさんは動けないので辛いでしょうね。

全身を描かなくちゃいけないので、気を付けて描いたのですが、足が短くなってしまいました。

色付け(言葉も)5分です。忙しくてもう大変よ。

















Hito2_2
次は、椅子に腰かけてる人。

難しいポーズをモデルさんに注文されました。

今度こそ・・・と思って描いたのですが

やっぱり足が短くなりました。

(私が短いからかな?)


















Hito1_2
これは

知らない人と隣同士で、お互いを描きっこしました。

これは、足がないから大丈夫(*^_^*)

先生は、似せなくて良いと言われましたが

本人はもっと美人なのに、これでは失礼かな。

カラスの足跡も、 ほうれい線も描かないといけません。











私が習得した事。

  モデルを良く見て、見たとおりに描く。似顔絵ではない。

  下書きをしない。思い切って1本の線でゆっくり描く。

  鉛筆(4B)は(上を持たなくて良い)垂直に持って濃く描く。

  なぞり書きはしない。

  

  間違った時は、消しゴムは使わない。太い線で描き直す。



  正面から見た首は顔と同じ太さである。肩幅は頭と同じ幅である。

  肘はウエストの位置。手のひらは意外に大きい。

  顔だけ描く時は、向って右の目から描き始める。

  黒目は、鉛筆で塗る。(彩色だと、ぼける)
  
  しわもきちんと描く。

  唇の色は肌より先に塗る。(逆だと滲む)

  色は、手早く塗る。

  背景をちょこっと入れると、場所が分って良い。

 印は、イニシャルかサインが良い。(朱印だと、目立ちすぎる)

  など等です。

51fm57bv6vl__bo2204203200_pisitbsti

先生の書かれた本です。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

  • ご当地フォルムカード
無料ブログはココログ

Ring